車好き、トラック好き。女性でも活躍できる環境です! 大型・長距離ドライバー求人・転職サイト|トラはた

トラはた
大型・長距離 30代

Profile

  • 大型・長距離
  • トラックドライバー
  • 30代
  • 入社1年目

ドライバーは優しい人ばかり!
自分もそんなドライバーに
成長していきたいと思っています

入社初日に大阪→関東!

ドライバー歴はまだ3年くらいです。ここの会社には去年入ったばかり。車の運転はとても好きだったし、父親が長距離ドライバーをしていたこともあり、大型ドライバーの人と色々と出会う内に、自分もやってみたいと思うようになったんです。まず、軽貨物から始めて大型に乗ろうと決めました。前職では軽貨物のドライバーをしていまして、大型自動車免許を合宿でとって、すぐこちらの会社に入社しました。入社初日、いきなり先輩に横乗りしてもらって関東へ行きました。本当にドキドキもんでした(笑)。その時は生まれて初めて乗用車を乗るときのように緊張して、先輩にはたくさん怒られましたが、何とか無事に往復することができました。会社で一番人気のピカピカのトラックを使わせてもらって、みんなから「よかったな」と言って貰えたのはとてもいい思い出です。 今ではあこがれの大型10トン車で大阪と関東を週2~3往復しています。とは言え、大型の免許はとりたて。まだまだ未熟です。先輩方が道や運転のコツを教えてくれたり、車を誘導してくれたり、荷積みを手伝ってくれたりと、そんなサポートが無ければ仕事が進まないくらいです。本当に親切で頼りがいのある先輩たちです。いつも感謝しています。

もう一つの自分の部屋です。

休憩中はトラックでDVD鑑賞!
もう一つの自分の部屋です。

面白さがいっぱい詰まった仕事、だからこそ真剣に

慣れないうち、長距離トラックの仕事で一番大変なのは睡魔との戦いです。眠気は大きな事故につながります。私もできるだけ余裕のあるスケジュールで会社にもサポートをしてもらっていますが、プライベートでの体調管理はとても重要。事故を起こしてしまっては、自分にも会社のためにもなりません。毎日安全運転を心がけています。その他、運転で気を付けていることは、横着しないこと。横着は事故やケガのもとです。ブレーキは早めに行い、確認は丁寧に。時間に追われて、急いでいてもウィンカーのタイミングとか気は付けています。プロとして恥ずかしくない運転を目指しています。お休みは原則、日曜にいただいています。まとめて休みたい時は前もって相談すればOKですね。体に無理なく、お仕事ができています。仕事では関東に行くことがほとんどで、全てが初めです。新鮮でとても楽しいですね。実は、写真撮影が私の趣味のひとつ。三脚や撮影機材をプライベートの1boxにたくさん積み込んでキャンプにいきます。山奥にテントを張って星空をとったり、夜景を撮りにコンビナートへいったり。仕事をしてると、「撮影してみたい場所」がたくさん見つかります。撮影ポイントの下見ができるのは楽しいです。関東にも撮影してみたい場所がたくさん見つかりました。牛久の大仏や海ほたるPAなど、必ずプライベートで行ってみたいと思っています。運転中はラジオではなく、アニメソングを流しています(笑)。アニメ鑑賞も趣味なんです。子どもの頃からずっと観ていますが、この長距離の仕事や他の趣味で(バイクも好きで、V-MAXという大型バイクに乗っています)アニメを見る暇はない状況でした。それでアニメを焼いたDVDをトラックに持ち込むことにしました。長距離業務には待機時間や休憩時間も多く、そんな時間を使って少しずつ見ています。他のドライバーに聞くと、車に好きなものを持ちこむのはダメな会社も多く、そんな意味でも当社は恵まれていると思いますね。ドライバーの自主性に任せてくれるのは嬉しいです。その分、プロドライバーとして襟はしっかり正していくつもりです。

目標は人助けできるドライバー!

父親と同じ大型ドライバーになりました。
目標は人助けできるドライバー!

全ての仲間、ドライバーに感謝です

これまで色んな荷物を運びましたね。博物館に置く貴重な印刷物、コンサートやイベントの資材、いろんな業界を見ることができるのもこの仕事の良いところですね。また、全国各地に知り合いができるのも大きな魅力の一つ。パーキングエリアで屋台のおっちゃんや、お兄ちゃんとも知り合いになるし、他の運送会社の長距離ドライバーの方とも仲良くなりました。私が女性でまだまだ珍しいのかもしれませんが、みなさんとても親切にしてくれます。ある時、車の調子が悪くて車の廻りをうろうろしていたら、別の会社のドライバーさんが一緒にトラックを見てくれたことがありました。「たぶん、ここが悪いなと…」と、応急処置を教えてくれました。本当に助かりましたね。他にもあります。九州に行った時のこと。当時は仕事を始めたばかりで、荷物の積み込みがうまくいかず、現場で頭が真っ白になってしまったことがありました。その時も、その場に居合わせたドライバーの方が積み込みを手伝ってくれました。本当にありがたかったです。実は初めての九州で、方言がわからず、その人の言ってることの半分もわかりませんでしたが、「ドライバーは助け合うのも仕事」といったような感じのことを言っていたと思います。その後も、積み荷のチェックや車のチェックなど、一緒にやってくれましたし、さらには帰り道のルートや渋滞情報ためになる情報をたくさん教えてくれるなどとても良い思い出でした。人として、ドライバーとして私もできるだけ人助けをしていきたいですし、私と同じ女性でも運送業界で働けるようにお手伝いしていきたいですね。

皆さんにホント、ホント感謝です!

先輩に、仲間に、他社のドライバーにも
皆さんにホント、ホント感謝です!

ドライバーの求人情報を見る

他のスタッフインタビュー