トラック業界発展のために人材育成にチャレンジ中! 中型・中距離ドライバー求人・転職サイト|トラはた

トラはた
中型・中距離 50代

Profile

  • 中型・中距離
  • トラックドライバー班長
  • 50代
  • 入社3年

会社選びは簡単に決めちゃダメ!
ドライバー思いの会社を
あなたも見つけてください

ドライバーとしての最初の仕事選びは失敗でした

出身は九州です。20歳過ぎたころに横浜へ出て、1年半ほど働きました。その後、知り合いに声を掛けられ、奈良へ転居しました。以来、20年間はずっと土木関係で高速道路の工事などをしてきました。しかし4~5年前、会社のトラブルで仕事が無くなり、知り合いの製麺工場で配達ドライバーとして仕事を始めることになりました。それがドライバーとして働くきっかけです。「誰でもできるよ」なんて言われ、転職を決めましたが、実際にやってみたらかなり大変でしたね。時間内に届けることができず、仲間に大変な迷惑かけることもありました。1年弱続けたのですが体力の限界を感じて辞めました。このままズルズル体力を奪われるのに区切りを付けたかったんです。

ここの会社の仕事は求人誌や求人サイトとかではなく、ハローワークで「奈良でできる仕事」で見つけました。紹介状を書いてもらい、今の会社の社長と出会ったんです。第一印象はすごく熱意のある人でした。面倒見てやる!的な、体育会系のノリでした。自分はそういう人が好きでしたし、この方なら信用できると思いましたね。

あなたの成長につながるはず。

良い会社と出会うことが
あなたの成長につながるはず。

これでいいの?仕事量の少なさにびっくり!

実際に働いてみて、正直驚きました。「こんなに仕事量が少なくて良いのか?」と思ったんです。まぁ前の環境が酷かったこともありますが、すごく社員の事を考えてもらえる環境で仕事をすることができています。現在、中型チャーター便の中距離を担当していますが、余裕をもって働くことができています。以前は寝不足で自分も車もフラついて危なかったと思いますが、今はそんなことはありません。ぎりぎりのタイミングでいい会社に転職をすることができました。睡眠不足、疲労はドライバーの仕事において一番気を付けなければならないことで、あのままの環境で働いていたら大きな事故を起こしていたかもしれません。トラックドライバーに転職して本当に良かったです。

仕事では奈良から伊豆、静岡、山梨などによく行きます。観光の名所だけあって景色がいいですね。プライベートで行ったこともなかったし、1人で知らない場所をどんどん走るのは楽しいです。景色で一番の思い出は、雲ひとつない空に富士山がきれいにうかびあがっていた時でした。4月の上旬の朝7時くらいだったと思います。その景色を見ながら走った時は最高でした。今でも目に焼き付いています。ここの会社はドライバーに負担のない形でスケジュールを組んでくれているので、安心感を持って運転することができています。時間に追われてばかりだった前の仕事に比べて、同じドライバーでも天と地ほどの差があります。良い会社選びは大切だと思いますね。

普段の仕事の流れは、まず、前日お客様に電話をして積み地、積み時間を確認します。深夜、その時間にあわせて現場での積み込み作業。時間に余裕があれば少し休憩を入れて、時間を調整し、朝8時30分に現地到着を目指して出発します。現地で荷をおろし、次の積み荷をお客様に確認します。積み込みを行い、夕方奈良に帰ってくる。こんなパターンで運転をしています。3年間この会社で働いていますが、泊りがけは1~2回くらいしかありません。いつも往復でちゃんと帰ってこれる仕事です。体力的にも精神的にも無理なく働くことができています。

さすがに、渋滞や事故などは遅れてしまうこともありますが。土木の仕事をしていた時は、資材を待つ側だったので、待たされている顧客の気持ちがよくわかるんです。でも、そんな時こそ、安全運転に気を付けています。焦って事故を起こしては元も子もありませんから。

しっかり体を休める事

しっかり体を休める事
それがドライバーには大切です。

人材の育成にもチャレンジしています

この会社で1年くらい働いて班長になりました。今、5~6人の新人ドライバーの面倒をみています。人を指導していくのですから責任は大きいですが、やりがいは大きいですね。単にドライバーとして運転だけをしているのではなく、会社に貢献している感覚はあります。スタッフの中には経験者も未経験者もいますし、積極的に相談してくる人もそうでない人もいます。その全員に気を配って指導していくのは、自分にとっても良い経験ですね。電話などで「ねむとうないか」とか様子を聞いたり、仕事以外の雑談をしたり、道のりをアドバイスしたりなど、自分の経験やスキルをしっかり伝えていきたいと考えています。そしてその後輩たちが、また若い人をサポートしてもらえればいいと思っています。

休みの日は寝ているか趣味の工作をやっています。体をしっかり休めて、精神的にものんびり過ごすことができています。これはしっかり仕事ができているからだと思います。これからもこんな感じで、出来るだけ長く現役で働いていきたいと思っています。

5人の子どもの父親です

若いドライバーの
良い見本になるのが目標です!

ドライバーの求人情報を見る

他のスタッフインタビュー